心地いい空間とニコっと出来る瞬間を ・・・aki・・・


by aoao365
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

老人ホームと伯母とワタシ




伯母のホーム探しに進捗がありました。
というのも今まで住んでいた区近辺を地域の包括センターの方にご協力頂いて探して
きましたが、どうにもこうにも受け入れ先が見つからなかったので、他区や東京都下、
近隣の県では神奈川、千葉、埼玉まで探す範囲を広げました。
そして区から紹介いただけるところに限界が見えたのでもはやここまでと、直接自分
で探すしかなくなりました。


前回さまざまな老人ホームの種類を書き出しましたが、伯母に合った施設で受け入
れてくれる可能性が高いのは最後の砦‘有料老人ホーム’とわかってきました。

有料老人ホームは、看護や介護の専門家がいて入浴や排泄、食事などの介助や、日
常生活や療養のための世話、リハビリテーションなどが受けられます。
日々健康チェックもしていただけるので高齢者の身体の変化にも対応できる施設がい
いとも思っていました。でも金額が…だったので最後の砦だったわけです。




f0203406_9101575.jpg

インターネット検索、検索本で直接調べたり、老人ホームの検索ができるサイト等か
らも手当たり次第に調べました。
以下のようなサイト運営をしている会社もあります。
*有料老人ホーム検索
探しっくす
*有料老人ホーム・介護施設検索
HOME'S介護


その中から認知症+要介護認定(1~5)の受け入れがあるところを探しました。
本人の状況が変わって病状や介護状態が進むと施設の受け入れ範囲外となって退去
させられてしまう可能性が出てきてしまうので、その変動があっても終身で見てい
ただけるところというのも伯母には大切なポイントでした。
願望は沢山あります。条件がクリアした後は施設の空きと金額が問題。。。
料金の面でいうと…これまた難儀。
例えば入居一時金0円~1000万円/月額15万円~30万円という表記の施設だとすると、
一時金は0円でも入居できその場合は月額13万ではなくておよそ30万円に近い額を
毎月支払うことになります。
一時金が無くても入居は出来ますが、月利用料だけで30万かかるわけです。

逆に一時金1000万円を納めたら、月額が15万円に近い金額の支払いになるというこ
とです。一時金が0円で月々15万円ではありません。


ちなみに一時金の定義はまちまちのようですが施設に払うものには変わりがなく、施
設利用権であるとか、施設の設置費用を負担するもののようです。
がしかし、1年以内に例え退去したとしても30~40%償却されてしまって数年ですべ
て償却。。。あっという間に消える訳です。施設を数年で転々とする可能性(病気にな
ったり、条件に合わなくなったり)があるとすると恐ろしい金額です。

かといって長く入居することを考えたら一時金をお支払した方がかえって月々高額よ
りもお得になる可能性も出てくるわけです。
総じて有料老人ホームは高いイメージですが、そのものでした。


しかも月額利用料の他にもかかります。
施設の定義にもより(含まれるところもあり)ますが、別途食事代(5万前後)や介護保険
給付1割が自己負担になるので伯母の場合はおよそ2万~2万3千円ほど。
その他、おむつ代、日用品費、新聞・雑誌等購読費、業者依頼クリーニング代、理美
容費、外出時の費用や交通費、買い物等代行、受診時医療費、クラブ・アクティビティ
材料費、マッサージ費、行事によるお食事のアップ料金、おこづかい等がかかります。

治療する病気があればそれはまた別です。

変な話、貯金がどれだけあるかって話です(><)
親や自分に振り返って出来るときに少しでも貯金しなくっちゃと身が引き締まりました。
そして「終の棲家」そんな言葉が相談の様々な会話で出てきたのもこの頃で、施設を必
死に探す反面とても寂しくもありました。そこで一生を終えることになるんだ。。。伯
母ちゃんが気に入ってくれるだろうか。。。認知症だけに理解ができなくて寂しくないと
いいんだけど。。。


f0203406_9103076.jpg

伯母の年金は60歳過ぎまで勤め、頂けるのは月14.5万円でした。
2ヶ月に一度纏めて29万円から税金を引かれて口座に振り込まれます。
この金額は高い方なのですが(そんなことも知らなかったの)、それでもそれで収まる
施設なんてありません。遙かにオーバー。


私の住む相談窓口や地域の包括センターにも相談をしたり、めぼしい施設を見つけて
は何十件と電話をかけました。
中途採用の就職探しに似ていると思いました。空き室はあるけれど、施設も前に退去
された方くらいの介護度を求めている…とか求人側にも希望があるようです。

そんな時にうなだれて通話を切る時に「いつかいいところが見つかるから、あなたもお
体に気を付けて頑張ってください」と優しい言葉をかけられて張りつめた緊張の糸がプ
ツンと切れ通話中から涙が溢れ会話にならないほど泣いた時もありました。
こんな優しいスタッフさんの居る施設にお願いしたい。。。そう願いました。


その後、貯金と相談しながら条件に合って、空きもあって、「そんな状況ならばすぐに
でも」と親身に相談に乗ってくださった有料老人ホームにその日のうちに一人見学に
行き、両親と相談して決めることにしました。今まで暮らしていた伯母の住まいからは
離れてしまいますが暮らしが快適にならないことには話にならないです。

認知症で身の回りのことが出来なくなった一人暮らしの伯母を食事や衛生面、そして
火事や訪問販売等の危険性から守れることで何よりほっとしました。
伯母の介護&ホーム探しを始めたころはゆうちょの通帳しか見当たらなかったのですが、
その後銀行の通帳も出てきて貯金で賄えることがわかりました。
ホッ。。。




すみません、長くなりすぎました。
ストレートでグロテスクな表現もあると思いますが、綺麗ごとではいられない施設探し
と想像がついていただければ幸いです。そしてもし私と同じで知識がない方がいらした
らこんな経緯を辿るんだと知る機会になるかもしれません。経験者の方からは今まで
も御親戚のケースを色々お教えいただいたりもしました。励ましていただいたりも大変
心強く頑張れる原動力になりました。いつも心優しい応援ありがとうございます。
また追って記事にします。




お付き合いいただきありがとうございました。
ご訪問のしるしにここをクリックいただけると励みになります(^^*)/
  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



[PR]
by aoao365 | 2013-07-03 10:17 | 日々